FC2ブログ

後楽園

IMG_0025後楽園
2019.12.19


12/6の菊水ルンゼ依頼、山へ行けていない。やはり年の瀬、色々と忙しい。仕事の方も。
急遽、岡山へ出張することになり、久しぶりに中国道を走る。
紅葉はもう過ぎたが、それでも道の両側に広がる山々の姿を眺めながらのドライブはなかなか楽しいもの。
さて、仕事の方は想定外のアクシデントがあったが無事に終え、今夜の宿泊地である岡山市内へ。
日没まで少し時間があったので、後楽園へ行ってみることにする。
後楽園と聞けば東京のそれを連想するが、ここは金沢兼六園、水戸偕楽園の日本三名園のひとつ。
平日の閉園間近ということもあって、観覧者は少な目。
正門で入園料410円を支払い、園内を進むと、沢の池の向こうに岡山城が見えてきた。
IMG_0030後楽園


池の反対側にはなんと茶畑が。
IMG_0032茶畑


池の向こうの小高い唯心山から沢の池を眺める。中の島、御野島、砂利島が浮いている。
IMG_0034後楽園


山を下りると流店がある。建物の真ん中を水路が貫いており、昔の藩主の休憩所としてなかなか風情がある。
IMG_0039後楽園


園内で最も興味をひいたのは、この御舟入跡だった。園の西側を旭川が流れており、その向こうの岡山城から舟で渡る際の
船着場。
IMG_0053お舟入

舟を降りた藩主は雁木と呼ばれる石段を上って御成御門へ行き来したとか。
IMG_0059お舟入


花葉の池と栄唱橋。その向こうの建物は延養亭。
IMG_0069後楽園


池の畔には大きな巨石、大立石が。
山屋はどうしてもこういうものに目がいく。
IMG_0077大岩


最後に沢の池を眺める。
IMG_0083後楽園

一見の価値あり。さて、ホテルへチェックイン。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

あ、なつかしい、
烏城ね、 先年、長男と武蔵さんと三人で行きました。

私、岡山出身ですよう、
岡山っていうと、今、
ゴルフの渋のさんやお笑いのあの方(35億)が有名ですが、、、

後楽園、いいですね、
お写真で、また行った気持ちになりました。

私は、県の最北東、作北の出身で
岡山市より、津山や姫路の方が近いもので、
烏城は、やっと先年行けたような訳で。

なつかしく拝見、
栗林公園もいいけど、後楽園、ほんと広大で心が洗われました。




Re: No title

さざんか さん、

 こんにちは。

 そうですか。さざんかさんは岡山のご出身でしたか。
 仕事ではなかなか観光が出来ませんが、今回はうまく空いた時間を利用出来ました。
 残念ながら、お城までは行くことが出来ませんでしたが、それでも名園を楽しむこ
 とが出来ました。
 ここも中国をはじめとするアジアの各国からの観光客が多く、それは岡山駅前辺り
 でも同じでした。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊
 

ようこそREPへ!
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter
時々、虹色の鯉が出てきて喋ります

クリックでエサをあげられます