fc2ブログ

六甲全山縦走 2018

毎年恒例の体力測定、六甲全山縦走。今年も完走出来るか?

DSC_0328須磨アルプス
2018.6.16 須磨アルプス


6:24 塩屋駅をスタート。
須磨浦公園からではなく、六甲山系最西端の尾根から取り付く。
DSC_0323sioya.jpg


栂尾山から鉢伏山、旗振山、淡路島、明石海峡大橋を望む。
400階段もペースよく、ノンストップで上れた。
DSC_0325鉢伏山


8:55 高取山
意外と登りがきつく感じた。
菊水山の登りに備え、登山口で腹ごしらえをする。
DSC_0329takatori.jpg


10:41 菊水山
山頂は子供達の遠足か、大変賑わっていた。
ノンストップで通過、次の鍋蓋山を目指す。
DSC_0330kikusui.jpg


12:04 市ケ原
大休止したいところだが、最大の難関、摩耶山への登りが控え
ている。
DSC_0331ichigahara.jpg


13:31 摩耶山(掬星台)
やはり12時台に着くことが出来ない。
しかし、ここまで来れば、全縦はほぼ出来たも同然。
靴を脱いで大休止。
DSC_0332maya.jpg


16:12 六甲最高峰直下の一軒茶屋
ここで最後の休憩。あとは宝塚を目指して下るのみ。
DSC_0333rokkou.jpg


陽は暮れていなくても、黄昏てこの山域で歩いているのは自分だけと思うと、心細くなるもの。と思っていると、
一人のトレランナーが「こんにちは」、又一人「お先です」と走り去って行った。1人じゃない、もうひと頑張り。
DSC_0336開けた


18:08 塩尾寺
あの左へのヘアピンカーブを曲がって、寺が見えたら嬉しい。
摩耶山への登り、天狗道のゴールでNHKのテレビアンテナが
見えた時と同じ感動。
DSC_0339enpeiji.jpg


18:38 宝塚湯本台
大会のゴール地点。やはり今回も12時間を切ることが出来なか
った。でも、何事にも代えがたい大きな達成感。あー、幸せだ。
DSC_0341yumotodai.jpg

ケータイのデータでは、75101歩、60kmだった。
ご褒美に自分の体に沢山のビールを与えた(笑)

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

お早うございます

隊長さん お早うございます。

六甲全縦、今回も完走されましたね。パチパチパチ。

私も6月初めに(5日)宝塚からの逆縦走を企てていたの
ですが、丁度その日に大腸ポリープの手術になってしまい
計画はお流れに・・・

その関係でお山へも行けず、約一ヶ月の休養をしましたが、
昨日お医者様から、手術前と同じ様に運動しても問題なし
とのコメントをいただいたので、ぼちぼちお山歩を再開しよ
う思います。


隊長さんのレポ&写真を見ながら私も擬似体験させてもらい
ました。(梅雨の晴れ間、青空が清々しいですね)


Re: お早うございます

りゅう さん、

 こんにちは。

 六甲全山縦走は毎年出来るかな?と思いながら歩いています。
 季節や体調に左右されるのか、今回が一番楽だった気がします。
 そうなると、又12時間切りに挑戦!となりそうです。

 宝塚からの逆縦走の方が楽なはずですが、なぜかいつも順縦走の方が時間を要します。
 
 ポリープ摘出も無事に終えられたご様子。良かったですね。
 早く六甲へ戻ってきて下さい!

六甲山探検隊

体力測定ですか~

12時間超の行動は、凄いですね!今頃は一日が長いので、
チャレンジするには良い時期ですが、気温や湿度が高かったり、
虫が多かったりと大変ですよね。
この夏には、私も12時間超の山に挑戦してみたいですね。

Re: 体力測定ですか~

tomoさまの旦那様、

 こんにちは。

 12時間動き続けることが出来た自分を褒めたいのと、それが出来る体をくれた両親に感謝です。
 
 神戸市主催の縦走大会が毎年11月ですので、その季節がいいのですが、出来ればまだ陽がある
 うちにゴールしたいので、今年はこの時期となりました。
 幸い、梅雨の中休みではありましたが、空気がカラッとしており、雨上がりのせいか虫も少なか
 った印象です。
 アップダウンのある山の中の55kmはフルマラソンよりキツイかも知れませんが、フルマラソン
 を走るだけのスタミナは自分にはありません。

 六甲全山縦走には不思議な魅力があります。
 けして美しい自然の中ばかりを歩くわけでもなく、歩き(又は走り)やすい路ばかりでもありま
 せん。でも、ヘロヘロになりながらでもゴールした時の満足感と達成感をいくつ(歳)まで味わ
 うことが出来るのか、これからも楽しみです。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊

りゅう さん へ

りゅう さん、

 こんにちは。

 コメント文章が間違っていました。

 「宝塚からの逆縦走の方が楽なはずですが、なぜかいつも順縦走の方が
  時間を要します。」
 ではなく
 「宝塚からの逆縦走の方が楽なはずですが、なぜかいつも順縦走よりも
  時間を要します。」
 でした。

 りゅうさんの逆縦走レポ、楽しみにしております。
 
六甲山探検隊
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter