fc2ブログ

うどんを食べに、、、粟島

漂流郵便局


次に目指すは父母ヶ浜。これは娘達からのリクエスト。しかも夕暮れに、という注文付き。
日没は19時を過ぎるので、その前に粟島へ行くことにした。
これまではその島名さえ知らず、船で渡れる身近な島を探すと、そこだった。
須田港から船が出ている。
その道中、予定より少し時間に余裕が出来たので、途中にある北浜アリーに立ち寄る。
海岸沿いにお洒落なカフェや雑貨店が集まっている。
IMG_5135アリー


IMG_5137アリー
さすがにコーヒータイムをする余裕まではなく、少し離れたしらす直売店でしらすを買う。
道の駅や、こういうのが結構好き。(翌日、しらす丼で頂いた。)


須田港到着は船の出向15分前。ここも観光客まばら。須田港15:05発~粟島15:20着、約15分の船旅。
粟島の港はガランとしており、派手さは全く無し。取り急ぎ、メインの漂流郵便局へ直行する。
島唯一のコンビニたけうちさん前の路地を通り、フミヤベンチを過ぎると、
IMG_5141コンビニ


建物の中から微笑みが窺える郵便局に到着。
その微笑みの主はネットでお顔を拝見していた局長の中田勝久さんだ。局内には10名ほどの観光客が
おられ、我々を中田さんが出迎えてくれた。
IMG_5145漂流郵便局


漂流郵便局IMG_5147


IMG_5148漂流郵便局


館内には全国から時空を超えた宛先のハガキが沢山届いている。亡くなられた方宛てであったり、
未来の自分宛てだったり、、、。中田さん曰く、今も毎日30通ほどが届くとのこと。
IMG_5149漂流郵便局


中田さんは今年84歳のご高齢で、とてもお元気。これからも末永く同郵便局の開局をお願いしたい。
中田さんと


IMG_5152漂流郵便局2


郵便局を後にし、旧海員学校へ。その背後に城ノ山があり、山頂から島の北側を望むことが出来るらし
いが、今回は時間なく、パス。
IMG_5171海員学校


IMG_5163海員学校


IMG_5165海員学校


IMG_5169海員学校


IMG_5168海員学校


IMG_5176レンタサイクル


コンビニたけうちへ戻り、アイスで休憩。
IMG_5174粟島


IMG_5184粟島


IMG_5186粟島


IMG_5173オブジェ


そろそろ17:10の出航時間。帰りも観光客よりも地元の方が多い。島民の方々はすれちがうと必ず挨拶
をしてくれ、短時間ではあったが、とても居心地のいい島。
IMG_5185粟島
藤井フミヤさんがもう一度行きたい島第1位に選んだ理由に頷ける気がした。次回はゆっくりと一泊し
てみたいと思う。


Memo
・北浜アリーURL
・北浜アリー内に専用駐車場、トイレあり。
・須田港船時間URL
・粟島URL
・無人レンタサイクル店あり。
・トイレは乗船場、日々の笑学校(美術家村)にあり。
・食事処、宿も数件あり。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter