FC2ブログ

そうだ 京都トレイル、行こう。

今年の目標であった京都一周トレイル。なかなか行けなかった。
だから、GW休日の初日に。

DSC_0046タイトル


京阪電車は早朝にも関わらず乗車客多し。朝帰りのサラリーマンで、酒の臭いがプンプン。
京阪伏見稲荷駅からスタート。JR稲荷駅も最寄り。
今日は、このプレートを追うことになる。
DSC_0008スタート


伏見稲荷大社はお稲荷さんの総本宮。
朝7時、それなりの外国観光客がいる中、今日の登山の安全祈願をする。
伏見稲荷の代名詞でもある千本鳥居を進む。
DSC_0011千本鳥居


何度見ても見事。
DSC_0012千本鳥居


京都トレイルは六甲全山縦走と同様、時々街歩きが入る。飲料の補給に助かる。
DSC_0025街歩き


そして又山路に。六甲山系よりもトレラン向け。
DSC_0027山路


蹴上へ下りたら、ねじりマンボ。
この上をインクラインが通っており、荷重に耐えれるように煉瓦がねじって組まれている。
DSC_0032ねじりマンボ


京都トレイルはトンネルを出て直ぐ右折だが、せっかくなので直進して南禅寺へ寄り道。
お寺の境内の中に洋風のアーチ型橋脚があり、現在も琵琶湖から引かれた水が京都へ通じている。
秋、ここは紅葉の名所。皆さん、アーチから顔を出して写真を撮るのがお約束。
DSC_0037南禅寺


蹴上インクライン。
琵琶湖から京都へ舟を運ぶ傾斜鉄道跡。
春、ここは桜の名所。
DSC_0039インクライン


トンネルの先は琵琶湖に通じており、琵琶湖疏水船が今年復活してあらたな観光となった。
DSC_0045インクライン


ふたたび山路に入る。ぐっとハイカーが増えた。小学生パーティも。
本日のクライマックス、大文字山へ。
ちょうどランチ時だった為、山頂も、少し下った火床もハイカーで賑わっていた。
DSC_0054京都市


京都市が一望。
体が京都の街に吸い込まれそうな感覚になる。
DSC_0060大文字


火床が続く。これは大の字の三画目。
風が実に爽やかで、ここでランチタイム。
その前をハイカー、小学生、外人が行き来する人気の山だ。
DSC_0058大文字


銀閣寺へ下りる。
出町柳への道の途中、偶然振り返ると大文字が見えた。
DSC_0062大文字


トレイルは比叡山へ続くが、今日はここまで。
カフェで休憩。
DSC_0064コーヒー


せっかくなので、京阪特急のダブルデッカーに乗った。
(流石にプレミアムカーには乗れなかった。今度、乗ってみよう。)
DSC_0069Wデッカー

京都一周トレイル
その名の如く、京都市の外周83.3kmの山々を巡るコースと、京北の48.7kmのコース。
今回は東山コースの一部を歩いた。
要所で案内板があるが、何度か迷う箇所があった。
大きなアップダウンもなく、歩きやすい路が続く。又、歴史的建造物がコースに沿ってあるので、観光も出来る。
コースは山歩きと街歩きの繰り返しなので、飲食料の調達が容易。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

かっこいい電車ですね。

京阪には縁がなく あまり乗ったことがありません。
ずいぶん前に 伏見稲荷神社へ行ったとき乗りましたっけ。
ダブルデッカーは 超かっこいいですね。

京都トレイルいい感じですね。
伏見から 大文字山までずいぶん歩かれましたね。

Re: かっこいい電車ですね。

摩耶山さん歩さん、

 こんにちは。

 普通、私鉄は特急券がいりませんが、近鉄はいりますね。
 そしてこの京阪は特急券要らずで、なんか得した感じです。
 ダブルデッカーの下に乗るより普通車両、そしてそれより
 アッパーデッキが最高で、特に小さな子供達は大喜びです。

 京都一周トレイル、次回は比叡山を目指したいと思います。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊
ようこそREPへ!
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter
時々、虹色の鯉が出てきて喋ります

クリックでエサをあげられます