FC2ブログ

六甲全山(逆)縦走2017

IMG_3594ポートアイランド
2017.12.01 摩耶山掬星台からポートアイランドと神戸空港


六甲全山縦走は我が隊(といっても単独)の毎年の恒例行事。
しかし、昨年はサボってしまった。
ちょうど今年の神戸市主催縦走大会も終了し、残すところ1ヶ月。
と、重い腰(お腹)を上げ、いっちょやったるか!
でも、このお腹を抱えて須磨浦公園からの全縦はキツイなぁ、、、。
よし、宝塚から逆縦走にしよう。


宝塚6:07出発。
まだ暗い中、武庫川に架かる宝来橋を渡り、住宅街を上ってゆく。
通勤の方々とすれ違う。同じ方向に歩く人は誰もいない。
早朝だが、意外と寒くない。
IMG_3580宝塚


塩尾寺への上りの途中、生駒山の横から日が出ようとしている。
一人のお爺さんがその瞬間を待って写真を撮ろうとされていた。
挨拶をすると、「気をつけて」と返して下さった。
「行って来まーす!」
IMG_3581夜明け


塩尾寺まではアスファルトの急登。その後は山道へ入り、山上までは
ダラダラと長い登りが続く。右からの北風が強い。誰とも会わず。
六甲最高峰直下の一軒茶屋に8:57到着、前回と同じタイム。
トイレ休憩。
IMG_3584一軒茶屋


一軒茶屋~凌雲台までは山上道路を通行車両に気をつけながら進む。
凌雲台9:37到着。ここで軽食休憩。中国人観光客がチラホラ。
IMG_3587凌雲台


凌雲台、ガーデンテラスから六甲アイランド。
IMG_3588凌雲台


凌雲台を後にして、六甲山ゴルフ場を経由、記念碑台の手前、登六庵
跡に目新しいカフェを発見。
通称「ロコべ」、Rokko Base Cafeとか。今度、隊員と行ってみよう
と思う。
IMG_3589カフェ


11:06摩耶山掬星台。
平日の為か、晴天にもかかわらず誰もいない。猫数匹のみ。
前回のタイムは12時だったので、約1時間短縮。時々走ってみた。
IMG_3591掬星台


お腹が空いたので、ビューテラス702でカレー、、、と考えたが、先を急ぐ。
天狗道をハイピッチで転げる様に下る。
IMG_3593大阪方面


12:11市ケ原。ここでランチ休憩。
トイレを借り、ペットボトルを補給。
IMG_3597市ケ原


鍋蓋山から右に菊水山、ゴールは更にその先のポコポコとなっている山々。まだ遠い。
激下りを進み、天王吊り橋を渡り、菊水山の登りへ。
IMG_3602鍋蓋山


13:59菊水山。数名のハイカーが休憩をされていた。ここが一番賑やかだった。
直ぐに激下りを進む。
IMG_3603菊水山


菊水山を下り、鵯越駅への途中の紅葉。
今日はあまり楽しむ暇がない。残念。
IMG_3605紅葉


長い街歩きの後は高取山への登り。
歩いて来た山々(左から菊水山、鍋蓋山、摩耶山)を振り返る。
IMG_3607摩耶山


15:48高取山。
IMG_3610高取山


東山、須磨アルプス、横尾山、栂尾山がまだ控えており、遠く淡路島を望む。
妙法寺のコンビニで温かい肉まんを食べたかったが、ついでにビールを飲みそうなので断念。
IMG_3615須磨アルプス


高取山を下り、街歩きの後、残る登りは東山くらいのもの。
夕暮れが迫る。薄暗い中、須磨アルプスを通過。誰もいない。
その後、ヘッデンを取り出す。
IMG_3619横尾山


栂尾山から高倉台の夜景。
もう真っ暗。
400階段をリズミカルに下り、高倉台で休憩。
今日は高倉山への直登階段は止めてスロープで登る。
ちょっとお腹が空いたので胃に補給。日が暮れ、風が強く寒い。
体が急激に冷え、薄手でもウインドブレーカーを持ってくるべきだった。
前回はここからが想定以上に長く感じた。
IMG_3620高倉台


ほどなく旗振山を通過し、鉢伏山方面へは行かず、須磨山上遊園へ下りる。
ふんすいランドからピンボケの明石海峡大橋。
もうここまで来ると安心、塩屋ゴールは間近。
IMG_3623明石海峡大橋


18:42塩屋駅へゴール。
IMG_3626塩屋駅


駅前の居酒屋でひとり乾杯!
一気に3杯いただきました。
IMG_3627ビール


ウルトラライトで臨みました。
IMG_3573UL.jpg
背負う荷物は1kgでも100gでも軽い方が絶対に有利なはず。
バックパックも靴も軽量化を図った。(でも、お腹が5kg増、、、。)
今回は出来るだけ荷もそぎ落とした為、肩への負担は全く感じなかった。
前日にしっかりと爪を切り、指ソックスと併用のWソックスで。
そして、コンプレッションウエア(スポーツタイツ)とトレポは必須。
CW-Xは下半身全体をサポートし、常に包み込んでくれる感じで安心。
そしてLekiのトレポは登りで推進力を生み、卵型の独特なエルゴングリップは、
上から押し付けることが出来るので、下りで効果を発揮。


前回は14時間半かかったが、今回は12時間半。
2時間の短縮は大きいが、順縦走の12時間よりも時間がかかってしまうのはなぜか?
歩く距離は同じであるが、菊水の、摩耶山のキツイ登りもないのに、、、。
でも達成感あり。75,000歩だった。









スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

六甲全山逆縦走、
2時間も縮めて。。。凄い!。。完走おめでとうございます。
経過写真もスケールが大きく感じられて雰囲気がとっても素敵です。
身近に目標持てる山の連なりがあるって、やっぱ最高ですね。
やりきったあとのゴールデンな雫をゴクリとやるとき。。これまた最高!ですね。(*^^*)

Re: No title

くろすけ さん、

 こんにちは。

 タイム的には不満なのですが、まだ完走出来る体力があったと
 ちょっと嬉しかったです。さて、いくつまで出来るやら。

 宝塚のスタート時から、頭の中はビールのことだけ。
 ヘロヘロの弱った体を引っ張る力はすごいです。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊

!!

すばらしいですねぇー!!

Re: !!

摩耶山さん歩さん、

 こんにちは。

 お約束の全縦(ただし逆ですが)をしてきました。
 まだ体力的に大丈夫だと自信がつきました。
 又、ブログへお邪魔いたします。

 この週末は短いコースをのんびりと歩いてみたいと思います。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊


2時間短縮とは凄い!

10分縮めるのも大変なのに、2時間ですか?
私は、自分のペースで12時間以上のルートに挑戦
していないので、想像でしかありませんが、「できる!」
と言う精神力だと思います。
お腹を5㎏も増量したというのに、すごいことです!
六甲全山縦走、憧れです。

Re: 2時間短縮とは凄い!

snowdropさん、

 こんにちは。

 2時間短縮というのは、前回のタイムがいかにダラダラ歩いていたかですね。
 でも、フルマラソンよりも長い距離の山のアップダウンは結構キツイです。
 
 個人的には一般的な西から東へ歩くよりも、逆縦走が好きですね。
 ゴールが宝塚という方が華やかではありますが。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊

PS.なんとかお腹を凹まします(笑)
ようこそREPへ!
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter
時々、虹色の鯉が出てきて喋ります

クリックでエサをあげられます