文太郎さんに会いに

IMG_3026文太郎

やっと会いに行けました。


ここは兵庫県美方郡新温泉町浜坂。
そう、我が師匠と仰ぐ文太郎さんの故郷です。
以前からずっと訪れたかった「加藤文太郎記念図書館」へ。
IMG_3020記念館


建物の外観は、文太郎さんが愛しそして逝った北アルプス、そして館内も峰々が連なるイメージです。
1階が図書館で、2階が記念館です。
IMG_3052廊下


文太郎さんが使用されていた各種山道具の展示が。
IMG_3029道具


中でも山靴には感慨深いものがありました。
IMG_3033靴


本人撮影の写真や記事、手帳など、豊富な展示物に溢れています。
IMG_3046展示品


隣には山岳図書館となっており、山好きなら丸一日居ても飽きないでしょう。
IMG_3050図書


ぐっとそれを堪えて、今日の宿泊地へ急ぎました。
IMG_3057浜坂
記念館を出ると、爽やかな風が頬を撫でました。
文太郎さんは六甲山から海を眺め、似た景色の故郷浜坂を想い慕ったのでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

文太郎さんに

紅葉をありがとうございます。
お礼をおと思いますと
竹田城 浜坂へと お出かけだったのですね。

隊長も浜坂は 初めてでしたか。
夏の18切符で 私はまいりました。
スキーや 靴などの 装備にびっくりしました。
ストックは 竹製でしたねっ!
いや、、あの装備で あの登山をされたなんて 信じられない思いでした。

行けてよかったですね。

Re: 文太郎さんに

摩耶山さん歩さん、

 こんにちは。

 そうですか、摩耶山さん歩さんも文太郎さんに会いに行かれたのですね。
 あの展示物を見ると、今の装備は随分と良くなったと思いますが、山の
 様子は変わらないはずなので、あの当時の人力、工夫でカバーされたの
 でしょうね。

 海外へ行かなくても、国内の近場で良い所はまだまだたくさんあります。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊

No title

文太郎さんて、こんな人だったんですね。

なんか、自分で新田次郎の小説から創ったイメージと
殆ど一緒なのに、我ながら相当にびっくりしました。

お顔が締まって、意志の強さが伺えるようです。
見せて頂いてありがとうございます、でーす。

Re: No title

お通さん、

 こんにちは。

 六甲山を縦走していると、文太郎さんになった気分で歩くのです。
 でも、ヘロヘロになって宝塚に着いた後、とても神戸まで徒歩で
 帰ろうとは絶対に思いません(笑)
 すごいですね、文太郎さんは。
 又、山へ行きたくなりました。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊

 
ようこそREPへ!
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter
時々、虹色の鯉が出てきて喋ります

クリックでエサをあげられます