東六甲ピークハント

今年も残すところ2か月弱。
六甲山のピークハントも40座を残し、少々ヤバくなってきた。
りゅうさん(ほろよいりゅうじのサクッとお山歩)のレポを
参考に、秋晴れの中、東六甲のピークをハントしてきた。
IMG_2943東六甲ピークハント


りゅうさんのご教授通り?体力温存と時間節約の為に
バスで一気に山上へ。
バスは芦屋ドライブウェイを東おたふく山登山口や「半沢
直樹」の撮影地でもあった東六甲展望台などを経由しな
がらどんどん上る。
車窓からチラチラと美しい紅葉が見える。
宝殿橋で下車する。 自分の他にハイカーは乗車してお
らず、他の方々はこのまま有馬温泉へ行かれるのか?
有料道路料金所の向こう側にあるトイレを借用し、車の
通過に気を付けながら山上への道を進む。
途中左手に鳥居が現れ、車道を放れて石宝殿へ。
IMG_2925白山神社

IMG_2926白山神社
白山神社で今日の安全登山をお願いし、最高峰方面
へ進むと鉢巻山トンネルが見える。
六甲全山縦走でくぐるお馴染みのトンネルだ。


後鉢巻山
トンネルの名前は鉢巻山であるが、実はこの山は後鉢巻山という。
取りつきがわからないので、とりあえず写真右の道をへ入ってみる。
IMG_2932鉢巻山トンネル


一か所、踏み跡らしきものが見えたが、もう少し進んでみると、ぐるりと一周して車道へ出た。
(下の写真、鉢巻山トンネルを反対側から見る。)
山への取りつきは写真左側、縦走路の一部になっており、上の写真の左側の路に出る。
つまり、登山道がトンネルの上を通過しており、トンネルのどちらからでも登頂が可能。
事後に国土地理院の地図を見てみると、ちゃんとそのコースが記載されてあった。
IMG_2928鉢巻山トンネル

IMG_2930鉄塔
山頂にはアンテナ塔があり、そのフェンス沿いに
進むとここに出る。
IMG_2929鉢巻山


鉢巻山
来た道を戻り、Uの字カーブにかかるところに鉢巻山
への取りつきがある。これを直登する。
山を西から巻く路があるが、直登する方がよい。
IMG_2924鉢巻山


山頂は草木が茂っており、長居出来ず。
IMG_2922鉢巻山


林山
Uの字カーブの終わり付近、ガードの向こうにハイキング道が現れる。
IMG_2933林山へ


それを進むと工事資材置き場に出る。
ハイキング道は更に先へ続いているが、標識通り
右折して資材置き場の方へ進む。
IMG_2934林山へ


写真の小山から山道へ入る。
その左側に見えるのが林山。
IMG_2939林山


林山山頂までは笹の路を暫く歩くことになる。
IMG_2938笹の路


山頂は広場状になっており、休憩に適す。
木々の間から奥池が望めた。
IMG_2935林山


資材置き場入口まで戻り、山道へ入る。
IMG_2940紅葉


なぜか山道に消火栓?
どんどん下り道になるので、これはおかしいと、分岐まで戻る。
IMG_2947消火栓


左へ下りて車道に出たいが、芦屋ドライブウェイは歩行通行禁止。
よく見ると、直進する路がある。
IMG_2949分岐


背丈ほどある笹の路を進むと、、、
IMG_2950笹の路


石置き場の様なところに飛び出した。
IMG_2952石場


次のピーク、とかが尾山はこのドライブウェイの向こう側。
IMG_2953紅葉


車道まで出ると44と表示された標識を発見。
そう、その先にとかが尾山へ登る路があるはず、
ということで車道を横切り、水路を進む。
IMG_2954水路


突然、大きな岩が出現。
IMG_2957岩


小天狗山
この分岐を通り過ぎるところだった。
IMG_2961分岐


小天狗山の標識も見落としかけた。
IMG_2964小天狗山

IMG_2963小天狗山


ここから県道16号線へ下りるのだが、途中から路を
見落とし、ヒッツキムシだらけになってここへ出た。
IMG_2968小天狗山から


樫ヶ峰
県道16号線を東へ進むと、ほどなく県道82号線への分岐が現れ、左折する。
しばらく車道を登ると右側に樫ヶ峰への山道が現れる。
IMG_2969小笠峰へ


小笠峰からは快適な尾根道を行く。
IMG_2971小笠峰


社家郷山
IMG_2972社家郷山


大平山
IMG_2973大平山


馬の背からの景色は素晴らしく、樫ヶ峰に続く白い路が印象的。
IMG_2975樫ヶ峰


今日の山行のフィナーレに相応しい場所。
ゆっくりとコーヒータイムにした。 あとはバス停まで下るだけ。
IMG_2982馬ノ背

IMG_2977樫ヶ峰


樫ヶ峰山頂は広場状になっているが、残念ながら
展望はきかない。
IMG_2984樫ヶ峰


バスに乗る為、山道を駆け下った。
IMG_2986甲山


六甲連山79樫ヶ峰
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

六甲山探検隊さん、こんばんわ。

後鉢巻山ですがトンネル西側から入って行かれたんでしょうか?
以前目指したときはトンネル東側の縦走路から入ろうとしたんですが
蜘蛛の巣だらけで断念しちゃいました。。。

Re: No title

しげ さん、

 こんにちは。

 はい。後鉢巻山へトンネルの西側から登りました。
 トンネル手前に左へ入る路がありますね。
 それを登るとはんなく山頂へ出ました。
 蜘蛛の巣に悩まされなかったのはこの季節だから
 でしょうか?

 山頂から下るとトンネルの東側に出たので、不思議
 な感じでした。
 トンネルの上を路が通っていたのですね。
 ひとつ知識が増えました。

 
六甲山探検隊

PS.六甲全山縦走頑張って下さいね!
 
  

おはようございます!

隊長さん おはようございます。

写真を拝見していると六甲山もいい感じに色づいてきましたね。
天気のいい日は山へ行きたくてうずうずしてきますが・・・

本日11/13は国家試験を受ける予定になっていますので、ここの
ところ少しばかり勉強していて、ブログの更新ができていません。

私の方も六甲山ピークハント(秋バージョン)で41座を歩きまし
たので又報告したいと思います。

隊長さんの記事を見ていると、私が見逃した景色などをあらため
て見ることもあり私の方も参考にして、楽しませてもらっています。

「ほろよいりゅうじ」のブログなども紹介していただき、有難うご
ざいました。  

では、今から試験を受けに行ってきます。

       ( ほろよいりゅうじ )

Re: おはようございます!

りゅう さん、

 こんにちは。

 試験の合格をお祈りしております。

 冷たい空気の中を歩く山はとてもいいですね。
 個人的には、これからの季節が一番好きです。

 私の年内の六甲全山ピークハントはスケジュール的に
 ちょっと難しくなってきました。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊

No title

六甲山探検隊さん、こんにちわ。

教えて頂いてありがとうございます。
登り残してましたので、今度西側からチャレンジしてみます。

全山縦走ですが、昨年よりも(精神的には)余裕をもって無事ゴールできました。
で、今日は一日ゴロゴロして静養してます。

Re: No title

しげ さん、

 こんにちは。

 後鉢巻山、ぜひトライしてみて下さい。
 標高の割に、山頂からの展望はゼロですが、、、。
 
 今日は達成感に満ち溢れたゴロゴロでしょう。
 お疲れ様でした。

六甲山探検隊
ようこそREPへ!
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter
時々、虹色の鯉が出てきて喋ります

クリックでエサをあげられます