FC2ブログ

ダイトレ(石標ガイド編)

タイトル

ダイヤモンドトレイル=通称ダイトレ。
屯鶴峯から槇尾山間の要所に点在する計17個の石標をご案内しましょう。


近鉄南大阪線二上山駅からスタート。
トイレは構内東行き方面側ホームにあり。
近鉄二上山駅


改札を出て左へ折れ、踏切を渡るとこの案内板がある。
暫く進み、坂を登ると国道165号線。
車の通行量が多く、注意しながら横断、西へ進む。
どんづるぼう案内板


国道165号線と別れ、近鉄電車沿いの県道703号線を
進むと右手に屯鶴峯の看板が現れる。
赤い四角が石標の位置。
屯鶴峯へ登る階段の脇、草むらの中にあり。
屯鶴峯


①屯鶴峯
ダイトレ起点の石標だ。
屯鶴峯石標


ダイトレ登山口は更に県道703号線を西へ進む。
(途中から歩道が無くなるので、車の通行に注意。)
やがて、県道の左側に登山口が現れる。
ダイトレ登山口


二上山駅~ダイトレ登山口
二上山駅
・グーグルマップには国道165号線と県道703号線の交差にデイリーヤマザキ大和高田バイパス店の表記が
 あるが、現在は閉店している(二上山駅から食料調達は見込めない)。
・屯鶴峯手前右手に池があり、その向いにトイレあり。
・近鉄大阪線関屋駅からもアクセス可能。


いよいよダイトレ=階段トレが始まる。
二上山へは結構なアップダウンが続く。
序盤からバテないようペースを整えたい。
階段トレ


二上山の石標位置。
直登すれば雌岳へ。
左へ進めば馬の背(トイレあり)、雄岳へ。
ダイトレは展望台のある右方向へ。
(雌岳登頂後にダイトレコースへ合流可能。)
二上山石標


②二上山
二上山2


展望台からは大阪平野がよく見える。
展望台


ちょっと寄り道、、、
雌岳山頂は広場になっており、日時計がある。
天気が良ければ大峰、大台の山々が望める。
日時計


岩屋峠。
ダイトレは直進。
(右へ下りれば「岩屋の千年杉」経由でダイトレコースへ。)
峠


下るにつれ、車の音が聞こえてくる。
国道166号線、竹内街道だ。
車道を横断すると右手にベンチのある公園が見え、
そちらの方へ進む。
鴬の関跡がある。
鴬の関址


国道を渡り、コースがわからず左へ進んだ。
正解は右の公園の方へ進む。
草むらの中に隠れた竹内峠の石標はうっかり通り過ぎて
しまうので注意が必要。
竹内峠石標


③竹内峠
右手草むらの中にあり。
竹内峠


竹内峠からは暫く気持ちのいい林道を進む。
やがて林道から外れて平石峠への山道へ入る。
IMG_0774林道


④平石峠
平石峠石標

平石とうげ


階段状のコースを登って行く。
IMG_0778平石峠


岩橋山への登り。
結構キツイです。
岩橋山登り


⑤岩橋山
岩橋山石標


山頂からの展望は望めないが、休憩に適す。
ベンチがあるので、ここで少し早目のランチ。
岩橋山山頂


岩橋山からの下り。
岩橋山下り


⑥持尾辻
持尾辻石標


ここにもベンチがあり休憩に適す。
持尾辻3


持尾辻の先にあるトイレ。
こんな山の中で水洗トイレ(足踏みポンプ式)はありがたい。
持尾辻トイレ2


いよいよ葛城山への登りです。
上を見上げず、足元を見ながら一歩一歩踏みしめて登りましょう。
2葛城山登り


登りきると左手に白樺食堂が見えてくる。
そのテラスからは奈良盆地が見渡せる。
ここで飲料水の補給。
山頂への登りの脇に石標あり。
山頂からの金剛山の眺めは素晴らしい。
水越峠の方へ進むと葛城ロッジがある。
体調が優れなければロープウェイでエス
ケイプも可能。
葛城山2


⑦葛城山
葛城山石標


ちょっと寄り道、、、
葛城山頂から正面に金剛山がドーンと。
IMG_0806ちょっと寄り道葛城


葛城山から水越峠へは、ただひたすら下るのみ。
路上駐車をした車が並ぶ車道に出る。
右へ折れ、ガンドガコバ林道の方へ歩いた右手、
草むらの中に水越峠の石標あり。
水越峠


⑧水越峠
水越峠石標
路上駐車の車の陰になっている場合あり。 


退屈なガンドガコバ林道を進む。
夏のこの道はきっと疲れた体に応える。
途中、「金剛の水」を補給。 助かる。
カヤンボからいよいよ金剛山への登りが始まる。
金剛登り


一の鳥居
IMG_0358葛木神社方面


一の鳥居でダイトレは左へ折れ、久留野峠へ。
一の鳥居


⑨金剛山
金剛山石標


鳥居をくぐって直進すれば、葛木神社、山頂広場へ。
金剛山頂map


ちょっと寄り道、、、
金剛山頂広場からは大阪平野が見渡せる。
IMG_0367ちょっと寄り道金剛


ちはや園地の横を進む。
右へ進めば香楠荘。 キャンプ場もあり。
ちはや園地


暫く林道を進み、伏見峠から山道へ入る。
伏見峠


⑩久留野峠
久留野峠石標


向こうに中葛城山への階段が見える。
久留野峠

久留野峠石標位置3


久留野峠から登りきると中葛城山。
笹の向こうに五條方面の景色が開ける。
中葛城山


高谷山を越え、千早峠へ。
千早峠


車両の音が聞こえると金剛山トンネル。
金剛トンネル


⑪行者杉
行者杉石標


視界が開けて休憩に良し。
行者杉

行者杉石標位置


⑫杉尾峠
杉尾峠石標

杉尾峠

杉尾峠石標位置


タンボ山。 よく似た風景が続く。
タンボ山


右手に並行した道が現れる。
並行道


西ノ行者堂
西ノ行者堂


山の神
ここまで来ると紀見峠まであとわずか。
山の神

紀見峠へ


ここにもエコトイレが。
紀見峠トイレ


⑬紀見峠
紀見峠石標


一旦車道へ出て、再び山道へ入る。
車道を真っ直ぐ進めば紀見峠駅へ。
紀見峠

紀見峠石標位置


ボ谷の池
ボ谷を北へ下れば天見駅へ下りることが出来る。
ボ谷の池


又、階段状の登りが始まる。
根古峰登り


まだまだ続く、、、
根古峰登り2


登りきると岩湧山三合目。
紀見峠からの越ヶ滝経由のコースと合流。
葛城山三合目


⑭根古峰
根古峰
この石標は根古峰の看板から更に岩湧山側へ進んだ
右手にひっそりとある。

根古峰石標位置


五ツ辻
五ツ辻


気持ちのいい林道を進む。
岩湧山林道


岩湧山への登りが始まる。
岩湧分岐


やはり階段、、、
岩湧山へ


山頂への鞍部にトイレあり。
岩湧山頂へ

⑮岩湧山
岩湧山石標

岩湧山


滝畑への下り。
滝畑へ


⑯滝畑
滝畑石標


売店あり。 河内長野行きバスでエスケイプ可能。
滝畑石標位置


新関谷橋を渡り、暫く町中を進むと再び山の中へ入る路が現れる。
槇尾山登山口


ボテ峠
ボテ峠


番屋峠
番屋峠


追分
追分け


⑰槙尾山
槇尾山石標
ダイトレ17番目、最後の石標。 
又、逆縦走の起点でもある。


槙尾山石標位置


施福寺
西国三十三所第四番札所。
本道前の広場からは正面に岩湧山が見える。
施福寺


山門をくぐれば、バス停まですぐ。
売店に冷えたビールが待っている。
山門


槙尾山からはコミュニティバスが運行している。
小さなマイクロバスで、1時間に1本程度しかない。
終点の槙尾中学校前で和泉中央駅、泉大津駅へ乗り換え。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

隊長さま こんにちは。

わぁお!永久保存版のご企画ぢゃないですか(喜)

謹んで家宝にいたします。

Re: No title

ツギロウさん、

 こんばんは。

 ダイトレガイド、、、忘れてしまわないうちに仕上げます。
 ご参考になればと思います。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊
ようこそREPへ!
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter
時々、虹色の鯉が出てきて喋ります

クリックでエサをあげられます