FC2ブログ

Diamond Trail Vol.2

IMG_0446vol2.jpg


金剛山(香楠荘)、4:46出発。
心配していた雨はまだ落ちていない。
天候次第では紀見峠、又は滝畑で切り上げることも想定している。
IMG_0400出発


林道を進み、伏見峠から山道へ入って行く。
IMG_0405伏見峠


5:21、2日目最初の石標は久留野峠。
IMG_0408久留野峠


真っ暗なダイトレを進む。
路はハッキリしているので外すことはない。
時々、左右に街の灯が見え、ホッとする。
IMG_0411ダイトレ


千早峠。 この峠の手前で3名のハイカーとすれ違った。
空が白々明ける朝6時、どこから登って来られたのだろうか?
IMG_0415千早峠608


6:47、行者杉。
小腹が空いたのでここでおやつタイム。
前回はここでおにぎりタイムだった。
IMG_0420行者杉

IMG_0419行者杉


7:16、杉尾峠。
IMG_0424杉尾峠


8:35、紀見峠
ここにも持尾辻と同じタイプのエコトイレがある。
まだ雨は大丈夫そう。 岩湧山を目指すことにする。
IMG_0426紀見峠


根古峰への階段状登り。
IMG_0430登り1


やがてこんな登りになり、、、
IMG_0431登り2


又、階段。
IMG_0432登り3


登り切った所で休憩を兼ねておにぎりタイム。
前の晩に宿にお願いして作ってもらいました。
IMG_0434おにぎり


まだまだ登り。
IMG_0436登り4


10:30、根古峰。
この石標は根古峰から更に西へ進んだ右手にある。
IMG_0438根古峰


気持ちのいい林道を進む。
この先に岩湧山への登りが待ち構える。
IMG_0441岩湧山へ


11:25、岩湧山。
写真的にも登りはもううんざりなので割愛。
IMG_0443岩湧山


ここも葛城山と同様、ススキがとても綺麗だ。
昨日、今日と歩いて来た山々を振り返る。
IMG_0451岩湧山


大阪平野を望む。
前回は曇天で、雨がぱらついていたこの山頂も、今日は沢山のハイカーで賑わっていた。
IMG_0449岩湧山


さあ、滝畑へ下ろう。
この辺りから右ひざの具合がどうも怪しい。
IMG_0456滝畑へ

12:47、滝畑。
ここへの下りで本格的に足が痛くなって来た。
トイレを借り、ここから河内長野行きバスに乗るべきか、少し考える。
ビールの誘惑もある。 しかし、ゴールの施福寺まであとわずか。
予定していた最終バスの1本前の15:28にも間に合いそうだ。
もう雨も降りそうにない。
IMG_0462滝畑
(この石標はトイレ前の看板の下にある。)


暫く住宅街を歩き、再び山道へ入る。
IMG_0465槇尾山へ


ポテト、、、いや、ボテ峠。
IMG_0466ボテ峠


追分けから槇尾山への登りが始まる。
IMG_0468追分


14:12、槇尾山。
ダイトレ最後の石標だ。
スタートの屯鶴峯から全17枚の石標を辿った。
IMG_0469槇尾山


施福寺で無事山行のお礼。
このお寺は西国三十三所第四番札所。
こんな山奥のお寺に結構人の往来がある。
IMG_0474施福寺


寺前の広場からは山頂をススキに覆われた岩湧山が見えた。
IMG_0471岩湧山


寺から石段を下りなければならない。
この頃はもう足がボロボロ。
ようやく山門に着き、その先のコンクリートの坂道はまるで六甲全山
縦走、塩尾寺から宝塚への下りの苦痛の再現だった。
IMG_0475山門


バス時刻までまだ50分あったので、店でビールをいただく。
「お兄さん、店の中へ入って座って飲み。 屯鶴峯から?」と、
オバサンがタンブラーを出してくれた(おつまみサービス付き)。
IMG_0476ビール
「時々うちに寄ってくれる人もお兄さんの様にビールをグ~っと飲んで、
カレーをペロリと食べて、帰るんかと思ったら、又山へ戻って行った。 
それがなんと50代女性で、8時間台のトレランやて。」
驚いた。
まさか、屯鶴峯へ折り返したとは思えないが、自分の倍のスピードで走破
されている。 それも50代。 自分はまだまだ頑張れる(?)


ダイトレはこれにて一旦完結。
六甲全山縦走の様に1日で完歩したいが、自分には体力、スピード的にとても無理。
トライするとすれば、二上山~紀見峠か。 逆縦走も雰囲気が変わって面白いかも知れない。
よく整備されたコースに点在する石標をひとつひとつ辿るのは楽しいし、バランスよく位置する
葛城、金剛、岩湧の3ジャイアンツ達への登頂もそれぞれ達成感を味わうことが出来る。
ダイトレはとても良いトレイルだと思う。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

今晩は!

隊長さん 今晩は!

ダイトレ縦走 お疲れ様でした。

フィニッシュ後のビールはさぞ美味だったと思います、隊長さんの記事を見ていて久しぶりにこの山域を歩いてみたくなってきました。

ここしばらくは連休が無いので、「岩湧・金剛・葛城」のいずれかを日帰りで歩いてみようかななどと、地図を広げて見ています。

六甲山でもよくトレイルランナーを見かけますが、追い越していく後姿を見ていてあの体力がうらやましいなと思うことがありますが、無理をして体を痛めては元も子もないので、マイペースでいこうと思います。

Re: 今晩は!

りゅう さん、

 こんばんは。

 ダイトレは六甲全縦の後でしょうか?
 日帰りなら葛城山辺りが交通アクセスが便利で、山頂からの
 眺めも素晴らしく、高原ロッチでビールも楽しめますね。

 登山に絶好の季節到来です!

 ありがとうございました。

六甲山探検隊

No title

こんばんは。

ダイトレ縦走・・・頑張りましたね。
お疲れ様でした。
17枚の石標を辿り、施福寺からの下山の様子がまるで今夏のくろすけの北アルプス縦走と重なってこちらまで熱くなってしまいました。

スーパードライは、最上級、至極の一杯でしたね。(*^^*)

Re: No title

くろすけ さん、

 こんばんは。

 ブラブラとノンビリ山歩きもいいですが、目的を持って
 達成する山もいいものです。
 良い思い出にする為にもしっかりと身体をケア出来るよ
 うにしなければと反省でした。
 
 ビールをいただきながら「あー、面白かった!」

 ありがとうございました。

六甲山探検隊

ダイトレ羨ましいです!

六甲山、ダイトレ。夫が羨ましがっています。
ホテルがあったり、公園があったり、はたまた全山縦走
とか、ダイトレなどと、色々な楽しみ方が出来るお山が
すぐそばにあるなんて…。
関東で言えば、丹沢あたりが似たような位置にあります
が、そんな楽しみ方が出来る設備はありません。

つくづく神戸のみなさんが羨ましいです。

Re: ダイトレ羨ましいです!

tomoさん、

 こんばんは。

 六甲山もダイトレも街からのアクセスが良いのが利点です。
 その分、万が一のエスケイプもしやすいので安心です。

 その気ならロングトレイルが可能ですし、ロープウェイや
 ケーブルを利用した楽チン登山も楽しめます。
 (最近はそちらの方が多いですが。)

 恒例の神戸市主催の六甲全山縦走大会が11月8日、23
 日に開催されます。
 私は大会には参加したことがなく、今年は4月に実行済み、
 ダイトレも完走した訳ですが、又ソロで歩いてみようかと
 思っています。
 歩いている時は二度としないと思うのですが、時間が経つ
 と又行きたくなる。 山は不思議ですね。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊
 
ようこそREPへ!
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter
時々、虹色の鯉が出てきて喋ります

クリックでエサをあげられます