fc2ブログ

アイスロード

アイスロード下山
2014.04.11

六甲山にはシュラインロード、ノースロードなど、カタカナ名がついた登山道が数多くある。

今日は久しぶりにアイスロードを歩いた。 

アイスロード、冬になると凍る道?ではない。

明治時代、六甲山上にあった人工池に張った氷を運んだことが由来。


アイスロード登山口。
登山口

前ヶ辻までは1時間ほどの登り。 緩やかな道を登って行きます。
つつじ

尾根に出ると、六甲ケーブルの山上駅が見えた。
実は昔、このアイスロードの上にもロープウェイが通っていた。
六甲ケーブル駅

アイスロードを登りきると前ヶ辻に飛び出る。 山上の道路は六甲全山縦走路のコースだ。
右へ行けば宝塚、左へ行けば須磨方面。 正面へ進めばシュラインロード。
今日は真っ直ぐ進み、六甲アルプスを歩いた。
宝塚方面へ少し進むと六甲山ホテルがある。 その向い、郵便局の隣に橋らしきものが見える。
月見橋横

月見橋。 昔、ここにロープウェイの山上駅がありました。
駅への通路がこの橋。 夜はこの上から月見が楽しめたのかも知れません。
月見橋正面

登山道にも鉄筋があらわになったロープウェイの支柱の土台跡が残っていました。
鉄塔土台

そして、登山口近くの草木の奥に黒い物体が、、、 
黒い塊

廃墟と化したロープウェイの駅でした。
取り壊されることもなく、立ち入り禁止にもなっておらず、とても危険な状態。
駅正面

駅横

駅スロープ

これは六甲登山ロープウェイと呼ばれ、アイスロード登山口から山上の六甲山ホテル前までを結んでいました。
昭和6年に開業し、昭和19年に戦争の鉄材回収の為に撤去されました。
一方、そのすぐ近くにある六甲ケーブルもほぼ同時期に開業し、終戦を迎えた為に撤去を免れ、現在も営業
しています。
六甲ロープウェイ2

実は前者は阪急系列、後者は阪神系列で、一昔前までは強烈なライバル同士でした。
お互いにプロ野球球団を有し、鉄道は六甲山に沿って山側を阪急が、海側を阪神が走り、
大阪駅前にはお互いのデパートが睨みをきかしながら立っている。
ちょっとお洒落な買い物をするなら阪急へ、食品なら阪神の地下へ、というのが大阪のおばちゃん流。
(阪神のイカ焼きはいつも行列、超有名です。)
2006年の経営統合により同一グループとなることなど、当時の誰が考えただろうか。
阪急と阪神

ゴールの六甲ケーブル下駅。 ここからはバスで街まで下ります。
ケーブル下駅

馬酔木が沢山咲いていました。
馬酔木


Memo
・阪神御影駅、JR六甲道、阪急六甲から六甲ケーブル下までバスが便利。
・登山口までは車道(表六甲ドライブウェイ)を歩くので、車に注意。
・トイレは六甲ケーブル下駅で借用。
・山上には六甲山ホテルをはじめとするレストランが数件あり。(要営業時間確認)
・今回はアイスロード~六甲アルプスをピストンでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

 
 >こんばんは、隊長さん!

 アイスロードですか。山上にの池に張った氷を運んだ道ですか・・・。
 山道での重い氷の運搬はさぞ大変だったでしょうね。夏に氷室から取り出した氷が超貴重だった
ことがよくわかります。


 ロープウェイ後、もはや遺跡ですね。周りの木々や蔓がコンクリートにまとわりついて、夢の跡的な
雰囲気になかなか味があると思いました(笑)

Re: No title

mojimaroさん、

 こんばんは。

 氷を運んだアイスロード、魚を運んだ魚屋道など、六甲山には色々な物語が
 あって面白いです。
 
 ロープウェイもそうですね。
 阪急側のロープウェイが先に撤去され、後から出来た阪神側のケーブルが
 生き残った。 あの残骸を見ると、ちょっと悲しくなりました。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊

No title

六甲探検隊さん おはようございまーす。
アイスロードに ロープウエーが あったのですね!

六甲アルプスは 歩けてないです。
いまでは 入り口の道もよく踏まれてるんですね。
花崗岩が風化して 崩れやすいと聞いています。
ロックガーデンのような 行者尾根のような景色でしょうか。

アイスロードは 沢を歩く箇所が好きです。
下ると 海がよく見えて素敵な箇所がありますね。

ほんとに 春本番! となりましたね。
分離帯のつつじも もう咲いていました。

ありがとうございました。

Re: No title

摩耶山さん歩さん、

 こんにちは。

 摩耶山さん歩さんのお膝元の摩耶ロープウェイも戦争の為に
 撤去の対象となっていたらしいですね。
 六甲ケーブル共々、現在に残って良かったです。

 アイスロードは気持ちのいいコースです。
 2箇所ほど沢を渉りますね。

 六甲アルプスまではハッキリとしたルートでした。
 岩場に変わると、時々大きな岩に行く手を阻まれますが、
 ちゃんと巻き道もありました。
 道中でお二人のハイカーに会いました。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊
 

No title

こんばんは。

要塞の跡を感じるエリアです。

さすが本州の山は、何があるか予想が付かない。

未知の世界ですね。

Re: No title

エレアコさん、

 こんばんは。
 
 「夏草や 兵どもが 夢のあと」でしょうか。 ちょっと寂しい感があります。
 最盛期にはこのロープウェイに乗る為に数百人が並んだとのことです。
 山の中にもドラマがあったのですね。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter