fc2ブログ

住吉谷へ下山

IMG_0934タイトル



六甲最高峰でランチ後、西おたふく山から住吉川へ下りることにする。
幸い、雨はパラリと降っただけで、傘を差す必要はなかった。
IMG_0912西おたふく山


西おたふく山頂には電波塔があり、東おたふく山より魅力は劣るが、遊歩道(といっても結構なアップダウン)があり、
歩いてみた。
IMG_0913案内板


こんな路が続く。
IMG_0915散策路


この遊歩道のハイライトはここ。
西おたふく山南側が180度開けて神戸方面の眺めが素晴らしい。
ここは知る人が少ないのか、いつも独占、貸し切り状態。
IMG_0917南面


正面に六甲アイランド。
IMG_0918六甲アイランド


右(西)に凌雲台。
IMG_0920凌雲台


景色を楽しんだら下山。
歩数3万歩を超え、右足の小指が痛いな(帰宅後に見ると爪が内出血、爪が伸びていたのが原因)。
IMG_0925下山


一部、崩落箇所あり。
西滝ヶ谷へ大きく崩れている。通過は出来るが、長居無用。
IMG_0927崩落


住吉川へ下りる。先日の雨で少し水量が多い。
IMG_0930住吉川


久しぶりに右岸道を歩いてみた。
実はこの路は推奨コースではなく、季節柄、木々が茂って蜘蛛の巣だらけ?と思ったが、普通に歩くことが出来た(一度、
石の上で滑って転んでしまったが)。
IMG_0931右岸道


大平岩の手前で男性ハイカーとすれ違う。
IMG_0933大平岩


谷に来ればお約束の足バシャタイム。残りのランチを楽しむ。
水は冷たく、ずっと浸けていられない。多分、これが今夏最初で最後の足バシャ。
水の流れる音を聴きながらマッタリしていると、空が暗くなってきたので足バシャタイム終了。
引き続き右岸道を南下。
IMG_0935住吉川


ゴールの五助第三堰堤手前で左岸へ渡る必要があるが、推奨しない割りにしっかりとした木橋とロープが渡されてあった。
助かる。
IMG_0937ロープ


左岸に渡った。
IMG_0938右岸道入口


石畳の路から下りに入ると五助の池は近い。
IMG_0939石畳


IMG_0946五助池


IMG_0948五助池


この辺りはとても雰囲気の良い大好きな場所。桜の季節は更に綺麗だろうな。
IMG_0949小川


五助の堰堤を過ぎると、又雨が落ちてきて傘を差す。
振り返り、黒五山にバイバイをして、くるくるバスに飛び乗る。
IMG_0951黒五山

帰りの電車、あえて乗車客の少な目な鈍行で帰る。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

結構でした。
これで、足のムズムズはおさまりましたね。

私は7月、夜中に鹿を追いかけて転び、長男には動物虐めのバチがあたった、と
憎まれ口を言われながら、養生に鋭意専心して、
どうにかこうにか、

やっと、歳相応に普通労働に戻れたようで
ホッとしています。

奥方をお大切に、ブロンズエイジの王道をがんばってください。
写真、愉しく拝見いたしました。

Re: No title

武蔵さん、

 こんにちは。

 人間と動物、それぞれに言い分はあるのでしょうが、難しいところですね。
 くれぐれもお怪我なさらないように。

 お蔭様で足のムズムズはおさまったのですが、そのせいか今度は膝に水が
 溜まっているようで、正座が出来ません。
 年相応にあちこちにガタが来ているようです。
 騙し騙し頑張ろうと思います。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊

私は、都賀川で

都賀川で、買い物ついでに
足バシヤしています、笑
左岸道分岐から南の
右岸道をしばらく
歩いてないです、
柵がありますが、歩かれてるようですね

崩落場所、修復されないですね
なんとか持ってほしいですね
楽しいレポをありがとうございました、

Re: 私は、都賀川で

摩耶山さん歩さん、

 こんにちは。

 足バシャでしたか!
 台風一過で、まるで夏が戻ったようでしたね。

 右岸道は荒れて蜘蛛の巣だらけかな、と思っていましたが、
 しっかりして通過に問題ありませんでした。
 
 西おたふくの西滝ヶ谷への崩落箇所は、路を山側へ迂回
 させるでもなくそのままで、まだ崩れる可能性があると
 思います。
 近年、六甲山は台風の被害を沢山受けましたね。
 
 ありがとうございました。

六甲山探検隊

プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter