fc2ブログ

丹生山縦走

IMG_0662丹生山
2021.6.25


今年は梅雨入りが随分と早かったが、ここ最近は晴天が続いている。
今月も生駒山以来山歩きをしていないが、緊急事態宣言が解除されたのでストレス解消の為に出かけることに。
今日の予報は午後に雨。早めの出発。


ということで、3月に歩いた丹生山系へ。
神戸市営地下鉄谷上駅へ。この駅は山田道経由で森林植物園へ行く時に利用する。
普段は下車後にトイレを借りるくらいで、さっさと外へ出ることが多かったが、今日はバス待ちの時間があるので構内を
歩いてみると、
IMG_0659谷上駅
ふーん、日本一標高の高い地下鉄駅か。地下鉄なのに標高が高い!?


駅前から神戸市バス111系衝原行きバスに乗る。1時間に1本程度しか出ておらず、乗客は自分一人。
車窓から東の峰、花折山、稚児ヶ墓山などの丹生ジャイアンツを眺めることが出来た。
丹生神社前で下車。ちょうど参道の鳥居前に停車。その向こうに目指す丹生山を望めた。
IMG_0661鳥居


稚児ヶ墓山が大きい。今日はあそこまで行こう。
IMG_0666稚児ヶ墓山


参道を進む。
案の定、やぶ蚊が多い。夏はこれとメマトイが嫌い。団扇を扇ぎながら歩く。
IMG_0673参道


丹生神社。
かつてここには山城があり、三木城の別所氏に加勢したことから羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)により多くの僧、稚児が焼き討ちの犠牲となった。稚児ヶ墓山、花折山などの山名が残っている。
IMG_0678丹生神社


南側には素晴らしい景色が広がる。
お菓子休憩。
IMG_0677展望


こんな巨木もある。
IMG_0679巨木


鳥居を抜け、帝釈山へ。
シビレ(痺れ?)山、ナダレ(雪崩?)尾山やキスラシ山など、
丹生山系には変わった名前の山がある。
IMG_0680帝釈山へ


帝釈山山頂。
10時半とちょっと早いが、展望がいいのでここでオニギリタイム。
IMG_0683帝釈山頂


縦走路を進む。
藍那駅スタート~岡場駅ゴールの27kmが縦走コース。
いつか、全行程を歩いてみたい。
IMG_0684縦走路


一度、国道428号線に出て、双坂池から稚児ヶ墓山の登りに入る。
IMG_0685稚児ヶ墓山


前回はここから右へ下り、福地トンネル付近に出た。
朽ちた案内板が痛々しい。
IMG_0689前回ここまで


稚児ヶ墓山から淡路島を望む。
前回は多くのハイカーに占領されていたが、今日は独占。
ここまですれちがったハイカーは3人のみで、この後は0人。六甲山系とは違い、とても静かな山歩きを楽しめる。
2度目のお菓子タイムを終え、七折山へ。
IMG_0691稚児ヶ墓山


兵庫カンツリー倶楽部から望む六甲山系。
平日でも多くのゴルファーが。
IMG_0696六甲山


鰻の手池(鰻に手がある?池まで変な名前)。
柏尾谷池から東の峰へ抜けてあの展望台へ行こうか?、それとも縦走路を更に東へ進むか?
雨は降りそうにないが、結局どちらも無しで、県道73号を谷上へ下った。
IMG_0698鰻の手池

六甲山とは3ヶ月近くご無沙汰なので、次回は歩いてみたいと思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こんばんわ。

丹生山 割と近くて 静かでよいようですね。

ウオッチーズでみますと なかなか複雑な 登山道のように 見えますが、
いかがでしたか?

衝原湖から 丹生山 シビレ山と 先輩の 後を歩いたのが
もう9年も前でした。

以来歩いてないです。

北から見る 淡路島 六甲が新鮮ですね。
登山口の 畑の中の鳥居さんも のどかで いい雰囲気です。

鰻手池では サギ草が咲くそうですが 行けてなくて、、
勉強してみます。

ありがとうございました。

Re: こんばんわ。

摩耶山さん歩さん、

 こんにちは。

 丹生山系は今回で2回目ですが、六甲山と比較すると静かな山歩きが出来てでいいですね。

 登山地図が無いので、自分はスマホアプリGeographicaを利用してGPSで位置をチェックし
 ながら歩いています。
 今回歩いたコースの要所には案内板がありますので、迷うことはありませんでした。

 シビレ山や鰻の手池以東はまだ歩けていないので、次回の楽しみとしたく思います。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊
 
 

No title

稚児ヶ墓山、
前回、由来は、 と思っていましたが、納得。

お菓子も、おにぎりもあるかと思ったけど、なかった、期待したのに、残念!

                       otuuです。

Re: No title

otuuさん、

 こんにちは。

 稚児ヶ墓山には悲しいストーリーがあります。
 今回も稚児達を葬った塚に手を合わせました。

 お菓子、おにぎりはお見せできるようなものではありませんでした。
 美味しいランチをした時にご紹介したいと思います。
 
 いつも沢山の拍手をありがとうございます。

六甲山探検隊

おはようございます

隊長さん おはようございます。

二度目の丹生山系を楽しまれたようですね、稚児ケ墓山の悲しい物語も含め
山麓の社寺などの由緒を訪ねて歩くのもいいかもですね、以前はよく歩いて
いたのですが最近は柏尾谷以外はご無沙汰です。

又ゆっくりと散策したいと思います。

鰻の手以東、岡場までの道は以前通勤にも使ったことがあるので、数十回は
歩いていますが、いつも静かで屏風谷川の源流に沿った道はアップダウンも
あまり無く、トレランシューズで時には走ったりもしていました・・・今はそんな
元気はありませんが。

それでは又、次回のレポも楽しみにしています。



Re: おはようございます

りゅう さん、

 こんにちは。

 今回の山歩きで計画していました丹生山~東の峰が繋がりました。
 六甲山系と違い、静かな山歩きが出来るので気に入りました。
 鰻の手池から先はラクチンコースなのですね。
 次回はぜひ、りゅうさんにご教示いただきました縦走コースを
 歩いてみたいと思います。

 ありがとうございました。

六甲山探検隊
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter