GW1 グランフロント大阪

ゴールデンウィーク初日。 新名所、グランフロント大阪へ。

GF大阪
2013.4.27

4月26日にオープン。 GWは人が集まるので行ったらあかんと思いつつ、野暮用で向いのヨドバシカメラへ。

案の定、蟻の行列状態、、、今回はパス。 複数のアウトドアショップもあるらしく、次回の楽しみにしときます。

大阪駅の北側、 “うめきた”はドンドン開発のメスが入る。 それにしてもこのエリア、商業施設が過剰では?
スポンサーサイト

NODAFUJI

藤
2013.4.12

樫ヶ峰

樫が峰
樫ヶ峰。 つい最近までその山の名前も知らんかった。 六甲山系の東の外れにある。

いきなり階段状の登りが続く、、、。  どんどん登る。
登り

馬の背。 振り返ると樫ヶ峰の隣には甲山が。 
馬の背

キレットルートを行きます。 奥には猪のぬた場、イノシシ池。
キレットルート

眼下には幾つかの痩せ尾根が稜線に向かってのびている。 その向こうには東六甲縦走の山々も見える。
六甲全山縦走の時は日が落ちた路を半ベソかきながら歩いたなぁ。
東六甲縦走路

痩せ尾根を登るおじさんとおばさん。 上と下とで手を振りあった。
痩せ尾根
面白そうなのでこの尾根を下り、その東隣の尾根を登り返した。 迫力満点のナイフリッジでした。

小笠峰から折り返し。 あれ? 東六甲探検隊さんて方いらっしゃるんや。 
東六甲探検隊
2013.4.20


大文字山

パノラマ
2013.4.19



最近、隊員がちょっとストレス溜まっているようなので、京都へお散歩。

京都一周トレイルというのがあるらしいで。 山の上から京都を眺めてみよう!

ねじりまんぼを抜け、インクラインからスタート。 
インクライン

日向大神宮へお参りし、天の岩戸で厄除けをして、大文字山への山道へ。

どんどん行く、どんどん行く。
どんどん歩く

ここどこかわかります? お盆の送り火、大の文字の一番上です。
(少し見えている煉瓦が火床です。)

隊員「もう2万歩越えてるやん。 お腹空いた―。 お弁当持ってきて大文字山で食べたらよかった―。」 

この時すでに13時過ぎ。 隊員、少々オカンムリ、、、。
火床

ここから銀閣寺に向けて下ります。 下りきると修学旅行生でいっぱい。 外人も多し。

ランチは、、、 おめんのうどんです。 隣のアメリカ人夫婦も美味しそうに食べておられました。
おめん

おまけに茂庵のケーキもつけました。 ここも外人多し。 皆さん、よくご存知ですな。 
ケーキ

隊員のご機嫌もなおり、あ~、マッタリした。 さて、そろそろ帰ろか。
もあん

茂庵を出ると、さっき登った大文字山が目の前に。 
大文字山

隊長「京都の山もなかなかおもろかったなぁ。」

隊員「又、食べ歩きしよか。」

隊長「やっぱし、、、。」


Memo
・地下鉄蹴上駅からスタートと、アプローチはすこぶる良い。
・蹴上~銀閣寺まで、ずっと山の中を歩くことになるので、昼食の持参必要。
 (周辺にはコンビニがない為、自宅からの持参をおすすめ致します。)
・ねじりまんぼを抜け、真っ直ぐに南禅寺の方へ行ってしまった。
 (ねじりまんぼを抜け、直に右へ折れてインクラインへ出ること。)
・日向大神宮の境内へ入り、一番奥へ進むと山道になる。
・直に出てくる天の岩戸は厄除けがあるとかで、しかし想像以上に短いトンネルだった。
・このトレイルはずっと歩きやすい気持ちのいい道が続く。
・大文字山からは京都市街が一望出来る。大文字焼きはそれ以上に景色良し。
 殆どの方が大文字山山頂、又は大文字焼きでランチされる。
・大文字山からは銀閣寺へ下り一辺倒。
・銀閣寺周辺へ出ると観光客多し。
 そのまま哲学の道へ散策を続けても良し。
 (今回は遅めのランチを取り、お茶をして京阪出町柳駅から帰る。)








地震

天気も良さげなので久しぶりに六甲山を探検しようと、携帯の目覚ましを5:45にセットしていたら、

ビー、ビー、ビーと聞き慣れない目覚まし音、、、。

「ん? うわーっ、地震や!!」

フラフラしながらリビングへ行くと、電灯がゆらゆらと揺れている。


4月13日、5:33、淡路島を震源としたM6.3の地震。

近畿、特に神戸や淡路島の人達はあの’95の大震災の恐怖が頭をよぎったことでしょう。

実際、淡路島では被害が出ている。

その後、複数回の余震があったが、幸いにして大きなものはない。

しかし、まだ予断は禁物。

一夜明けた今日も天気が良いが、念の為に山行きは控えます。

保塁岩

回想、保塁岩。

20120219.jpg
2012.2.19

六甲ケーブル山上駅から記念碑台へ行く途中、小さな看板を左へ折れて進むと岩の上へ出ることが出来る。

芦屋ロックガーデンと共に、藤木九三が率いるRCCが開拓した日本近代登山幕開けの場所。

これ何?

花
2013.3.30
ようこそREPへ!
プロフィール

六甲山探検隊

Author:六甲山探検隊
メンバー紹介
隊長:私
隊員:うちの奥さん
補欠隊員:うちの娘

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
QRコード
QR
お役に立てましたでしょうか?
access counter
時々、虹色の鯉が出てきて喋ります

クリックでエサをあげられます